錆びた心を持った住人たちへ

それはまだ日も暮れない明るい時だった。

わがままを通じて僕らは走ります。